Beef or Chicken

離婚してよかった!  

自分の子供なのにお祝いのプレゼントを贈れない

もう離れて暮らすようになって10年くらい。元妻との間の子供たち。 自分が知っている彼女たちはまだ幼く親が絶対に必要な年齢だった。しかし気がつけば2人ともすでに成人になる。そして二女のほうはもう就職したし長女も4月から就職する。離れて暮らして…

うつ病になった日。今でも覚えている。

神経の病気は治らない。昔のように普通に生活を続けていくことは非常に困難。薬がないと日常生活にさえ支障がでる。少しいいなと思ってもちょっとしたことでまたすぐに逆戻り。うつ病なんてこの世からなくなればよい。自分が病気になって何度そう思ったこと…

弁護士ドラマを見て思う。弁護士と検察官と裁判官は同じ道を通ってくる同志

落し物を拾って交番に届ける。そこでおまわりさんと話しをする。あるいは目的地がわからず交番に行って道を聞く。または「遅い時間にこんなとこに居てはダメだよ」と十代くらいの子が注意される。 罰則がらみで接するとすれば、車で一時停止違反や信号無視違…

人生も結婚も思うようにいかない!本当は理想の子育てがあったのに

境界性人格障害がわかった元妻。離婚してからもさんざん振り回されました。さすがに警察に逮捕されてからはこちらに何かしてくることは今のところありません。自分のほうは再婚をして金銭的には裕福ではない、むしろ余裕のない生活を送っていますが毎日が楽…

母親の余命宣告を受けた時のストレスは尋常ではなかった

会社に癌になった同僚がいます。もう5年くらい前になりますかね。当然ずっと休んでいて社内では見舞いに行った上司から聞くことでしか彼の様子はわかりませんでした。自分とはたいして親密ではなかったし特に気にもしていなかったくらいなのですが話によれ…

元妻との子供の成人のお祝いと就職のお祝い

自分とは遠く離れている元妻との間の長女と二女。二女はすでに就職して元妻や長女とも離れた場所で生活をしている。長女はアパートでの1人暮らしとは聞いているが元妻の近くに住んでいる。 年末に送ったメールは2人ほぼ同時に返信が来た。二女は年末に長女…

年末になると思い出す【離婚して最初のひとりぼっちの大晦日とお正月】

何十年か生きてきて、ひとりぼっちのクリスマスは数えきれないほどあります。でも大晦日とお正月をひとりぼっちで過ごしたことは過去に2回だけなんです。そう、元妻が子供を連れて出て行った時です。 それまで年末年始は必ず実家に戻って過ごしていました。…

スポンサーリンク