Beef or Chicken

離婚してよかった!  

わがままで身勝手だった自分のこと(2)

新卒で入社した会社に大した不満もないのに辞めてしまい

良くしてくれた恩人も簡単に裏切り

簡単に結婚を決めて実家の田舎へ引っ越してしまった俺

嫁と姑がうまくいかない

田舎だから結婚式は盛大にやらなければならない。
田舎だから嫁は隣近所に紹介してまわらないといけない。
田舎だから洗濯物は朝早くに綺麗に干さなければいけない。
田舎だから・・・
田舎だから・・・








実家を理由に俺は働かず1か月ほどブラブラしていた。

その後つなぎで工場の三交代勤務を経て小さな会社に正社員として働くことができるようになった。




しかし仕事を終えて帰ってきても嫁は俺と口をきかなくなっていった。

母も嫁も口に出さないが明らかに関係が悪くなっていったのがわかる。




気持ちに余裕のない俺は「歳を取っているんだから」と嫁に対し母を擁護することばかり言ってしまう。

子供は2人生まれたが夫婦間は冷め切っていた。

夜中に罵り合いも続いた。

休日の怒鳴りあいも毎週になった。

今までなら相談していたS君はもう近くにいない。




俺もクタクタになっていたが嫁のほうはもっと疲れていた。




嫁が精神科に行く

こんな様子が続く中、ある新聞の読者投稿欄を見ていると「妻の様子で相談」という記事を見る。
読めば読むほどうちの妻の症状と似ている。
回答者は精神科医。
「すぐに精神科に連れていきましょう」と締めくくられている。

病院を探して妻を連れていくと驚くほどの量の薬が処方された。



定期的に妻を病院に連れて行くようになった。

それでも妻と俺とは喧嘩が絶えなかった。




スポンサーリンク

前の会社は合併して大きくなっていた。

俺が最初に入った会社の人たちとは年賀状でつながっているだけ。

S君とも連絡しなくなっていた。

ある年、先輩だった人に年賀状で『チャンスがあったらまた一緒に仕事がしたいですね』

社交辞令でこう書いた。




驚いたことに連絡があった。

『どんな仕事してるの?』
『手あいてる?』
『手伝ってもらえるかな』




いろいろ聞くと小さかった会社は関連会社と合併して今は何百人単位の大きな会社になっていると言う。

それでも俺の知ってる人は皆そのまま残っているらしい。

これをきっかけに2~3件の仕事を一緒にして前の会社の人とのつながりが出来た。




辞めた会社へ入社する

正式に社員への誘いを受けた。

辞めた会社へ再入社するなんて考えたこともなかった。





長男であり小さい頃から実家は継がなければならないと思っていた。

嫁は相変わらず精神不安定でサポート無しでやっていけるか不安だった。




しかし俺の気持ちはすっかり前の会社に戻るほうへ突き進んでいた。

まったく進歩しない俺の甘い考え。

努力もしないで環境が変われば今より良くなるとしか考えていなかった。




正式に面接を受けて前の会社への入社を決め妻と子供2人、県外へ引っ越した。




★俺のわがままで妻を田舎へ連れていき

★妻が体を悪くしても義母との関係の修復を考えず

★自分のわがままだけで転職し賃貸暮らしを始めてしまいました。

スポンサーリンク