Beef or Chicken

離婚してよかった!  

わがままで身勝手だった自分のこと(4:END)

妻の病状はますます悪くなり

引っ越しまでして入った会社はまたも辞めてしまい

俺の無職期間おだやかだった妻の病状がよくなっていると勘違いしていた俺。



また手に負えなくなった妻

無事に就職が決まり朝出勤して夕方帰宅するようになった。

俺が無職で家にいた頃、行動が安定していたので俺は妻のことも家のことも大丈夫だと思っていた。



ある日帰宅すると妻が子供に怒鳴っている。

「お前なんか生むんじゃなかった」

「あんたはそのうち私みたいに精神病患者になるんだ」

「脳みそが狂ってるんだよ。あっはっは」

スポンサーリンク

茫然とした。

自分の子供にこんなことを言う親がいるのか!




毎日こんなことを言い続けている。

都度止めに入るがそうするともっと荒れて子供を叩いたり物を投げたり。

当然俺も何度も殴られたり蹴られたり。





俺が働くようになってまた荒れだし手に負えなくなった。

ありとあらゆる物を壊しまくる。

包丁を振り回すようになった。

警察も呼ぶようになった。




逆戻りした。



離婚

数年働くうちに会社内で大幅な組織変更・異動が行われた。

俺もその中の1人。



他県への転勤。




平日の夜は寝ないで喧嘩。

休日は朝から晩まで喧嘩。




もう当時の俺には家族を連れての転勤なんて考えられない。

離婚することに未練すらなかった。



唯一、子供のことが心配だった。

あの母親と一緒にいたらおかしくなる。

まともに育てられるわけがない。

夫婦喧嘩を見せてしまっていたが俺がかばっていたから今までやってこれた。


わかってはいたが帰りも遅く出張もある俺に小中学生の2人の面倒は無理だ。

かわいい2人の子供を悪魔に渡してしまった。



妻は悪知恵の働く女だった

離婚して子供と離れるのは悲しかったがこれからは穏やかな生活が送れると思っていた。

しかしそれは間違いだった。

神経をおかしくしても実はしたたかで頭の良い女だった。



★もう無理です。

★あっさりと離婚しました。しかし離婚して終わりにはなりませんでした。

スポンサーリンク