Beef or Chicken

離婚してよかった!  

会社の同僚にうつ病を侮辱されて裁判を起こしました(1)

本来なら順を追って書いていきたいのですがどうしても先に書いておきたいことがあります。

1年近くの休職をして、職場に復帰した後にうつ病をネタに俺を中傷・侮辱してきたヤツがいたんです。

そのことについてまずは書きたいと思います。

同じようなことが他の人に起こらないように。

同じことが起きた場合に少しでも参考になれば。

f:id:bollpengin:20170709105925j:plain

スポンサーリンク

神経の病気って一度なるとなかなか治らないです。

自分自身はもう治ることはないと考えています。

芸能人なども

「実はうつ病を患っていた」

「うつ病を克服して復帰」

などと聞くこともありますが、

本当に治ったのだろうか。

本当にうつ病だったのだろうか。

また仕事して大丈夫なのだろうか。

などと思ってしまいます。

自分もそうなる前は「自分には縁がないこと」と思っていたし、そういう人の気持ちなど全然わかりませんでしたから。

f:id:bollpengin:20170709110132j:plain

職場復帰してからの待遇

復帰までは時間がかかる

休職中、会社からの連絡はほとんどありません。

もちろん気遣ってくれてのことだと思います。

技術のほうの部署でしたが休職中は総務とのやりとりしかありませんでした。

そろそろ復帰したいと考えてると言っても

「じゃ1度来てください。面接しましょう」

薬は?病院は?どんな生活してる?

そんなやり取りが何回か行われ

「じゃ来週から来てください」

「総務部に席を用意しますので毎日こちらでお願いします」

スポンサーリンク

1週間総務に席を置き朝は普通通りの出勤。

帰りは通常より30分~1時間早めの帰宅。

(この時はまだ休み扱いで出勤と数えられていませんでした)

(自分が帰りたくなったら帰っていいよと言うスタンス)

1週間の間、いったいなにをやっていたか。

掃除です。

専属で会社の中をあちこち掃除や植木の手入れやドブに落ちた枯れ葉を掃除したりする人がいるのですがその人と一緒にドブ掃除や社内(主に屋外)の枯れ葉掃除などをしていました。

f:id:bollpengin:20170709114645j:plain

その間に何人か顔見知りとも顔を合わせたり少し話をしたり。

出入り業者とも目が合うこともありました。

結構一緒に出張にも行っていたので俺が長く会社を休んでいることも知っているはず。

たぶんこの1週間で俺が会社に来ていることはある程度の人に知れ渡ったと思います。

元の部署へ戻る

1週間の総務での試用期間を終え元の部署へ連れていかれる。

もうこの時は何もかも吹っ切れていました。

恥ずかしさもないし自分を臆することもない。

「病気で休んでいただけ」

「それがよくなったから復帰しただけ」

自分に言い聞かせました。

元の部署と書きましたが大きな括りでの意味です。

全部で100人くらいはいるでしょう。

実際にはその部署がA課、B課、C課・・・と分かれています。

元の課の人間を除く、いくつかの課の人間が来て少し話をしました。

レイアウト変更などもしているのは知っていたので今の俺の席はどこか聞いたらほぼど真ん中。

おかしいでしょ!

復帰したばかりなので席は端っこの目立たないとこにしてくれ。

それだけは主張しました。

会議室で少しそんな話しをしてすぐに職場に向かいます。

そしてさっき言ったように席をすぐさま移動させます。

チラチラと同僚が俺を見ます。

気が付けば俺は笑顔で「またよろしく」と合図。

とりあえず席の移動が終わったあとに関係があった人たちに挨拶に回ってそれから席に戻り汚い机の上の整理整頓。

休みに入るときはゴミを捨てる気力さえなかったのでそのまんまでした。

しばらくは違う課で違う人たちと仕事

部署のフロアは同じだけど元の課には戻りません。

とりあえず違う課で仕事するようになりました。

半分くらいは話したことがある人たちです。

むしろそれくらいであまりお互いを知らない人たちと始めたほうが自分としてもよかったです。

年下だけど中途入社の俺よりは入社歴は先輩。 転勤前によく一緒に仕事してて仲の良い人も一緒だったのでやり易い雰囲気から入り込むことができました。 f:id:bollpengin:20170709111927j:plain

え?出張ダメ?

毎日朝から夕方まで規則正しく出勤は続けられたと思います。

そのうちに出張行ってくれと依頼がありました。

それはとりあえず人数合わせのためだけで仕切る人がいるから言われたとおりにやるだけでいいっていう簡単な仕事でした。

実際一緒に行く人間は新人や単価の安い外注さん。

頭使ったり考えたりのない、負担がかかるような出張ではないのがわかります。

妻に「4日ほど出張行くよ」

再婚した妻との間には1歳の小さい子供がいます。

共働きと言うこともあり出張などの時にはあらかじめどうするか話し合っておかなければならないです。

子供は妻の実家にあずけて見てもらうことにしました。

ところが・・・

「この間話した出張だけどさ」

「行かなくていいや」

「え?なんで?」

「上がダメだって言うんだよ」

はぁ~出張禁止ですか?

まだ体調万全じゃないだろう。

出張先でなんかあったら困るだろう。

俺の体のこと考えてくれてるのかな。

そう思いたいけどなんかそう思えなかったです。

出張ダメじゃなかったんかい

f:id:bollpengin:20170709114325j:plain

結局しばらく出張はダメという話しになって社内での仕事だけに専念です。

そのうち結構厄介な仕事が回ってきました。

実務は別の人間です。

俺もサポートに回ってくれと言われて一緒になって仕事しました。

正直メインの担当者が頼りないので。

その仕事くらいから社内での残業も増えました。

なかなか手ごわい仕事ですから。

それでもある程度終わってあとは客先での確認というところまで来ました。

「出張のメンバーに入って欲しい」

は?なんで?

この前は出張ダメだって言ってたはず。

この前の出張のほうが楽なはず。

今回は絶対キツイ。

このお客さんはいろいろ現場での変更多いし夜も遅くまでやるみたいだし現場の環境は悪いし。

でもやっと出張の許可もらったし行ったことのない現場で興味もあったので経緯はどうであれ泊まりで出張に1週間行くことにしました。

それにしても会社なんて都合の良いことばっかりです。

体のことを考えてくれるのならばまずは楽な出張。

慣れてきたらハードな仕事。

そうじゃないんですか?

それなのにまったく逆で楽と思える出張は禁止され、明らかに大変だとわかっている仕事での出張は行ってくれと言う。

実はこの出張で事件が起きるのですがまとまりのない文章で長くなってしまいました。

記事を分けることにします。

スポンサーリンク