Beef or Chicken

離婚してよかった!  

出ていく前の前妻と一時期の俺の朝から晩までの行動

まだ前妻が家を出ていく前の話しです。


体の具合が悪いと言っては寝てばかりで家のことを何もやりません。

そのくせ夜になると起きだして怒鳴ったり暴れたりで始末に負えませんでした。




当時の俺は仕事漬けで仕事は忙しい。
身体は相当参ってました。

スポンサードリンク

それでも子供は小さいので家のこともやらなければなりません。

1日のスケジュールがこんな感じでした。

朝ごはんの支度をして子供に食べさせる
 ↓
保育園に送りに行ってそのまま出勤
職場は歩いてもいける距離でした
 ↓
昼に家に戻り洗濯物を取り込んで軽く昼食を食べまた会社へ
 ↓
夕方保育園に迎えに行って夕飯作り子供に食べさせる
 ↓
子供が食べ終わったらまたも会社に行き残業
 ↓
夜遅くに帰宅してから洗濯と食器の片づけ
 ↓
やっと寝る


自分でもよくやってたと思うし今の体調だったら完全に無理です。


こんな生活はさすがに1ヵ月くらいでしたけど今振り返ってみてもなんで1人でこんなことしなきゃいけなかったんだろうと思います。


前妻は寝てるだけです。
俺が家のことをやるとそれがまた気にくわないみたいでケンカを仕掛けてくる。
もう何が何だかわかんなかったです。


www.rikon-saikon.site

こんなこともあり家のことをやるのもバカらしくなり食器洗いとかしなくなったんですけど仕事で1週間の出張に行ったときのことです。


月曜日の朝に出掛ける時台所には食器が山積みです。

1週間後に帰宅すると片付いているどころか月曜日に山積みだった食器の上にさらに重ねて食器が置いてありました。
唖然としました。



またある時は真夏に会社の飲み会がありいったん帰宅すると部屋を開けた瞬間氷のような寒さ。
エアコンでガンガン部屋を冷やし自分は毛布にくるまって寝てるんです。
その中で小さい子供は薄着でいる。
様子がおかしいので熱を測ると高熱。
飲み会キャンセルで病院に連れて行ったこともあります。

スポンサードリンク


前妻が家の中で暴れて木のまな板を振り回し当時3歳くらいだった子供のおでこにおもいっきりぶつかり、まるで漫画に出てくるようなタンコブが出来たこともあります。
それでも自分は涼しい顔して「自分は関係ない」って感じでいます。
その時も俺が休日にやっている病院探して連れて行きました。



今こうやって書くために思い出しても前妻の異常さには驚きです。




市役所、保健所、区役所、民間のサポートセンターいろいろと相談したのは覚えています。
でもその時だけであり長期的な根本の解決に結びつくものは1つとしてありませんでした。

スポンサーリンク