Beef or Chicken

離婚してよかった!  

前妻の神経症の病名は境界性人格障害

これだけ非道徳的な行動・言動を繰り返す前妻。
いくらなんでも酷すぎます。
自分も参っていたし子供への影響も大きい。
更にはまったく関係のない近隣住人までも被害を及ぼす。

一緒に住んでいるときはほとんど一緒に病院に行ってました。
神経の病気に関して素人な俺は病院の先生に「なんで全然良くならないんだ」と食って掛かったこともあります。

前妻の病名を知る

先生は前妻本人には「うつ病」としか言ってませんでした。

ある時前妻がいないときに先生が俺に打ち明けます。

彼女の病名を正式に言うならば『境界性人格障害』ですよ。

メモして帰りました。

スポンサーリンク

境界性人格障害

特徴

「自分に否定的な発言などがあると急に怒り出して攻撃的な罵倒が止まらない」
「現実や妄想の中で見捨てられ不安が強く常に不安を抱いている」
「感情をコントロールすることが苦手で人間関係のトラブルを起こしやい」
「たえず他人に確認や保証を求めて執拗な要求を続けたりして他人を巻き込む」
「気分や感情がめまぐるしく変わり周囲の人々がついてこられない」
「自殺のそぶりや自傷行為を繰り返し周囲に動揺を与える」




まったく何から何まで当てはまります。

「攻撃的な罵倒が止まらない」
前妻の場合これがすべてを物語っています。
いったん火が付くととにかく止められない。
罵りは何時間にも及びます。
むしろ体力が有り余っているじゃないかと思いましたね。
一緒にいる人間は本当に神経やられます。

「見捨てられ不安が強く常に不安を抱いている」
病院の先生にも言われました。
見捨てられる不安がいつも付きまとっていると。

「人間関係のトラブルを起こしやい」
「執拗な要求を続けたりして他人を巻き込む」
仕事が続かないのもこれだと思います。
仕事がキツイとかでなく同じ職場の人間とうまくやれなかったのでしょう。
仕事は何回か始めたのですが必ず誰かの悪口を言っては辞めてました。
さらには近隣の人とのトラブルもありましたから。

「周囲の人々がついてこられない」
気分次第で態度や行動がころころ変わります。
市役所、保健所、区役所、民間のサポートセンターいろいろ相談しましたがみんな振り回されて終わり。
そんな印象が強いです。
保育園の園長先生が良い人で家にまでよく来てくれたのですが結局はフェードアウトされた感じでした。

「自殺のそぶりを繰り返し周囲に動揺を与える」
よく「自殺してやる」って騒いでました。
さすがに”自殺”と言う言葉が出るとこちらも動揺します。

とにかく振り回されました。


スポンサーリンク

原因

「遺伝」
「環境」


「遺伝」
結婚後に知らされたことですが前妻の母親は統合失調症で何度も精神科に入院していました。
実家に行った時もなんとなくおかしいとは感じましたが1泊程度が多かったので普段の生活はわかりません。
遺伝が関係するのであれば間違いなく実の母親の病気が影響していると思います。

「環境」

www.rikon-saikon.site

www.rikon-saikon.site

こんな環境で育ってます。
世の中には不幸な家庭で育ってきた人も多いかと思います。
しかし父親も兄が妹をいじめるのを知らぬふりをしていたような家庭です。
兄が怖くて叱ることもできない両親です。
育った環境が一番の原因かもしれません。
孫に義母の悪口をすり込ませるような父親も常識から外れています。

スポンサードリンク

関わり方

何度もいろんな手を尽くして立て直そうとしました。
しかし有効な方法は結局見つかりませんでした。

インターネットで神経の病気を患っている家族の集まる掲示板で相談したこともあります。
口をそろえてみんな
「離婚したほうがいい」
「離婚しなければあなたがダメになる」
そう言われました。

自分は実感がわかなくてアドバイス通りにすることは出来なかったんです。

検索していたらこういう記事もありました↓

victim-of-bpd.hatenablog.jp

この方が書かれているように「ターゲット」として選ばれてしまうともうどうしようもないです。
まさに『逃げる』しか方法はないのです。



今意見を求められたら

今、同じような人に意見を求められたら間違いなく
「一緒にいてはダメ」
そう言うと思います。

病院のサイトには「境界性人格障害は治らない病気ではない」などと書かれていたりしますが『本当に治りますか』と声を大にして言いたい。

このブログを見てくれている人の中には「夫婦なのに人情がない」とか「非人徳的だ」とか思われる方もいるかもしれません。

でも関わった人でないと本当にわからないんです。



裁判で弁護士を変えたことは前に記事にしました。
何を隠そう1回目の裁判の相手が前妻だったのです。
弁護士にそういう状況を説明してもらちが明かなかったのです。
まったく信用してもらえませんでした。 それだけ一般の人からしてみれば「ありえない」行動が繰り返されるのです。
その弁護士も俺が作り話でもしてるかのように思えたんではないでしょうか。


「夫婦なのに人情がない」
とでも
「非人徳的だ」
とでも言われてもかまいません。




離婚が成立して何年も経ってからまたも迷惑をかけられるのですから。
(後々記事にしたいと思います)

スポンサーリンク