Beef or Chicken

離婚してよかった!  

児童相談所は誰のためにあるんだ!と怒鳴りつける


にほんブログ村

真冬の夜中に前妻に家を閉め出され
俺に電話をかけてきた二女。


長女のほうは母親が怖くて俺に本当のことを言わない。
言ったことがバレればまたも自分が嫌がらせをされるから。


施設に入れることを決定した児童相談所は最初「しばらく」と言っていました。
「しばらく」がどれくらいなのかわからなかったが俺は1週間かそれくらいだと考えていました。


児童相談所の対応

様子を知りたいので児童相談所には定期的に電話をしていました。
しかしながら帰ってくる答えは
「はい」
「違います」
こちらが聞いたことにぶっきらぼうに返事をするだけ。


聞きたいことの答えが返ってこない

「施設にいる期間はどれくらいになりそうですか?」

「まだわかりませんね」

「家には長女もいるんですが母親はどんな感じですか?」

「こちらも定期的に訪問したいと思っています」

まったく的を得ません。

スポンサーリンク



「子供と話しがしたいんですけど」

「決まり上それはできません」

「それでは手紙のやり取りをしたいのですが」

「親権者であるお母さんの意向を聞いてから出ないと回答できません」

親権者の意向?
誰のせいで子供が家から追い出され施設に入らなければならなくなったかわかってる?

最初は「私が担当です」と名乗った人に何回か電話で経緯の説明を丁寧にしました。
担当と言ってもどんなことがあって何が理由で施設に入ることになったのかまでは知らないようだったので。

それでもこちらが電話をして様子を聞こうとすると細かいことはまったく教えてもらえません。

施設から戻ってこない

1週間くらいかと思っていた施設での生活はいつまで経っても解除された様子がありません。

聞けば
「ご自宅には定期的に伺うようにしています」
「お母さんのほうがチャイムを鳴らしても出てこられないので面会できていません」

外出してると思えないので居留守をつかっていると思います。
しかしだからと言って「会えていない」だけで終わらせるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク


いつまで施設に

半年後

まだ二女は施設に入ったままです。

ある日電話すると「担当が変わりましたので」と違う人間。

こちらも俺に対してぶっきらぼうな対応。
俺はまた1から経緯の説明をします。


状況は詳細に聞けない。
詳しいことは俺には何も言ってこない。
「確認して電話します」
と言われて何日も待っていても一向に電話がこないこともありました。



担当者はころころ代わる

その後も3ヵ月~6ヵ月おきに担当者が変わります。

そのたびに経緯の説明。


中には親身に考えてくれていると感じる担当者もいました。
しかし少し経てばまたも担当者の変更です。


「ちゃんと引き継ぎはしていますよ」
必ずこう言われるのですが『本当かよ』が正直な気持ちです。

スポンサーリンク



児童相談所に対して怒鳴りつける

施設に入ったまま1年が過ぎ2年が過ぎます。

この頃二女は中学卒業の年齢でした。
「進学ですか?就職ですか?」
「お祝いを送りたいんですけど」

帰ってきた言葉は
「親権者であるお母様の同意がもらえませんと無理です」

何度も何度も何度も施設に入らなければならなくなった経緯は説明しているはずです。
なんでこうなった最大の原因の虐待母親が一番の主導権なんだ!

「父親からのお祝いを受け取るかどうか子供に聞けよ!」
「児童相談所は誰のためにあるんだ!」
さすがに怒鳴りつけてしまいました。

いつもはある程度のところで電話を切りますがこの日は食い下がります。
もう言葉も荒々しいです。

「お前が判断できないなら上の人間と代われ!」

沈黙が続いた後に
「わかりました。折り返しお電話します」

その日のうちに電話はきました。
しかし同じ人間です。
上司が電話をかけてきたわけではありません。

それでも
「今回は高校入学のお祝いということなので親権者のお母様には内緒ですがこちらに送っていただければ本人にお渡しします」

入学のお祝い渡すためにどれだけ無駄な時間使ったことか。

その後ニュースで実の親が子供に虐待を加えるということが取り立たされるようになり「児童相談所」と言う言葉もよく聞くようになりました。
もしかしたら当時もたくさんの子供が同じような目にあっていて忙しかったのかもしれません。
しかしこちらとしては頼るところが児童相談所しかなかったのも事実です。
そして本気で子供のことを心配していたのです。


定期的にする電話する会話の中で何度も「親権者であるお母様が・・」と言う言葉が出てきました。

事実確認ができているのであれば何でもかんでも「親権者である母親の同意が必要」という考え方は今でも納得できません。

スポンサーリンク