Beef or Chicken

離婚してよかった!  

親の最期

自分の実家は田舎の漁港町です。
こういうとこって昔から近所づきあいが身内・親戚のように密接な場合もあります。
お祝いごと・不幸・お祭り・お盆etc.
自分の年齢でもうっとうしいくらいだからもっと若い人など結構煩わしい習慣だと思うかもしれないですね。
まして一度離れて都会に住んでUターンで戻ってきた場合などはとても耐えられないと考える人も多いかと思います。
なんでそう思うのかと言えば自分もそうだったからです。
一度実家を出て都内のほうで働くようになり結婚と同時に実家に戻って来たけれどもこういう慣習にはもうお手上げ状態でした。
昔の人たちには普通なのでしょうけれども。


母親が亡くなった時に、入院しているときの様子から葬儀までのことをメモしておいたんです。
田舎は(田舎に限らないかもしれないですけど)身内が亡くなった時にやることとても多いので。
通夜と告別式の時に坊さんにいくら渡したとか。隣近所の人たちになにをしていくら渡したとか何を渡したとか。親戚の誰を呼んだとか。
細かいことまで言えば納骨で墓石を開けたり閉めたりするのにどこに頼んでいくら渡したとか葬儀場から火葬場までのバスの運転手さんにいくら渡したとか。
その他にも結構細々とあるんです。
自分でもよくこんなに細かいとこまで書いていたと思いましたが字が汚いのとなぶり書きなので読めないところや意味不明なところも結構ありましたけれども。
なんで今更こんなメモ帳を引っ張り出したかと言うと父親が亡くなったからなんです。
今住んでいるところからは実家まで車で4~6時間かかります。 今回渋滞が多く6時間かかりました。体調もすぐれないので電車で行きたかったけど聞けば駅前にレンタカーもないらしい。電車で行ってレンタカーを借りればよいと思っていましたがそれもできないので仕方なく車で行きました。
なにしろ車がないと不便極まりないですから。


葬儀で言えばなんで長男が喪主を務めるのが【当たり前】なんでしょうか。
いったいいつまで『長男だから・・長男だから・・』なのでしょうか。
今回もやりましたよ。喪主。
一人っ子ではないので「体調悪いから形だけの喪主にしてくれ」と細かいことはやってもらうよう頼みましたが知らない人は皆喪主に言ってくるんです。
覚えきれませんよ。
おかげでいつまで経っても疲れが抜けません。


この記事は期間限定でしばらくしたら削除するかもしれません。
あと数行だけ書きたいのですが癌の方と癌の家族がいる方は以降は読まないでいただきたいと思います。















父は癌ではなかったのですが約10年前に亡くなった母は胃癌でした。
お盆に実家に帰った時に顔が真っ白で背がとても小さくなったように見えたんです。
でも本人は「定期的に健診受けてるし体の調子も全然悪くないよ」
それなら平気か、と思っていたのですがそれから数か月後に末期の胃癌が見つかったのです。

詳しいことは書きたくもないのですがお腹に水が溜まり見るに耐えない様子。毎日気持ち悪がり苦しいと言い続けたりしていました。抗がん剤もうつ場所がなくなるくらいあちこちに針をさしていたし腕も細くなりました。毎日毎日目が離せないでいました。
そして意味不明なことを言い出しました。家族にはいない名前を呼んだり、缶の色が水色と茶色と言ったり、意味もなく早くしてよ、私がただ働きになっちゃう、



病院の先生は家族である自分たちに余命宣告したときに「ご家族から本人にも伝えてあげてください」そう言われました。
だけど結局最後まで本人には言えなかったんです。
本人に伝えるべきかどうか、これだけは今でも答えが見つかりません。
当時は本人に言ったらがっくりして生きる希望がなくなるだろう。きょうだいの意見が一致していました。でも自分の命が残り少ないと知ればやり残したくないと何かやりたいことをやったのかもしれない。

本人に余命の告知をするか否か。
どっちが正解なんでしょうかね。

スポンサーリンク