Beef or Chicken

離婚してよかった!  

元妻の判決 そして釈放

f:id:bollpengin:20171121142703j:plain
1回目の裁判が終わり本日が2回目の裁判。前回検察庁からの電話ではこれで終わりになると聞いていた。正直判決内容などどうでもよかった。アイツには前科がついたのだ。さっさと地元に戻ってくれ。そして今は楽しい俺の新しい家族との生活をこれ以上巻き込むんじゃない!

アイツは境界性人格障害という病気であっても誰かを陥れたり嫌がらせするのは天才なくらいの頭の良さを持っている。それが許せない。常に自分が被害者のふりをして何も知らない人を騙しターゲットの神経をおかしくする。

俺の近くに居るんじゃない!一時はターゲットにさえした自分の毒親の元でひっそりと暮らせ!もう関わるな!

検察庁から電話が来る

電話連絡はとても早い時間に来ました。開始時間を考えると裁判は10分か15分かそれくらいで終わったのではないかとさえ思いました。

「裁判が終わりました」
「懲役1年執行猶予3年の判決です」


懲役1年執行猶予3年
懲役1年執行猶予3年
懲役1年執行猶予3年・・

もうこの時は、身体の疲れはなくなってきたものの、一瞬で物事を忘れるくらい自分の神経は疲れ切っていたので頭の中で繰り返し忘れないようにしました。
神経が弱っていると電話を切った瞬間に話の内容がぶっ飛びすべてを忘れてしまうことがあるんです。


「○○時の飛行機に乗る手配が出来ています」
「警察が空港まで送り届けます」


一番心配していた釈放された時のこと!きっと検察官の方が警察に強く言ってくれたんだと思いました。


「飛行機が飛び立つまで見守り、出発の連絡が行くと思います」


安心しました。

みんなに感謝

検察庁からの電話を切ったあとにすぐに何か所かに電話をします。

妻に電話

「わかった」
「よかったよ!警察が空港まで連れて行ってくれて」
「安心した」

一番迷惑をかけたし心配もさせた。もしかしたら陰では泣いていたかもしれない。一緒になって考えてくれたし家に居られないので避難してくれと頼めばその通りにしてくれた。姉の家に泊まらせてもらったのも急な話し。全てを我慢して受け入れてくれた。

妻のご両親に電話

「そうか。よかったね」
「お疲れさま」

娘と結婚したバツイチ夫が元妻に「子供を殺す」と脅迫されて家に居られないと説明をしても怒ることも困る顔もせずに「ここでゆっくりしな」と言ってくれた。自分に直接話してくることはなかったが妻にはどうなっているのかを何度かは聞いたかもしれない。その後お邪魔してもそのことには触れないで何もなかったかのように接してくれる。

保育園に電話

「そうですか。安心しました」

保育園だってもしかしたらこんなこと初めてかもしれない。いやきっと前例などなかったことと思う。園の中でも何人かには説明して自分が考えたように最悪の事態まで想定して動いてくれたかもしれない。警察とも連携してくれた。

その日警察から連絡は来なかった

検察庁からもらった電話だと飛行機が飛び立った後に連絡が来ると言うことだったけれども結局その日には電話は来ませんでした。しかし後日また警察に呼ばれて話しを聞けば時間通りに飛行機に乗ったと言う。『電話1本欲しかったなぁ』これが本音です。

この日会ったのは女性の警察官でした。
「実はあの後彼女から電話があったんです」
「『反省しています。ありがとうございました』と言っていました」

胸騒ぎがしました。色々とこの人がお世話をしてくれたことは事実だと思う。しかし普通釈放された後にわざわざ警察に電話を入れてくるだろうか。女性の警察官は嬉しそうに話していましたが自分にはわかるんです。

気持ちの浮き沈みが激しい

気持ち悪いくらいに穏やかになると、次にくるのは大きく荒れ狂った暴力と暴言なんです。今までの経験からわかるんです。執行猶予中であるので滅多なことはしないと思いますが3年も我慢できるのか。もちろん3年我慢すれば良いということはありません。もう一生他人に迷惑をかけないでくれないと困ります。
この件からまだ1年も経っていませんが今のところ変わったことはありません。会社の総務の人はたまに顔を合わすと「あれから何もない?」と聞いてきます。

子供たち

当然こちらから元妻との間の子供たちにこの件を話しはしていません。知っているのか知らないのかさえわかりません。
二女はもう就職して遠く離れているし「もう母親には捨てられたと思ってる」8年ぶりに会ったときにそう言っていました。

www.rikon-saikon.site

長女は母親の嫌がらせに耐え切れずアパートを借りて別に暮らし始めています。しかし場所はとても近いと聞く。元妻が逮捕から釈放までの2ヵ月半、家に居なかったことをどう思っているのか。元妻は戻った後、長女に会ったのか、何を話したのか。

とにかく長女も就職して元妻から離れて欲しいです。
そして長女もいつか俺とも会える日がくればいいなと思っています。




スポンサーリンク