Beef or Chicken

離婚してよかった!  

#8000 小さい子のぐずりは病気のサイン。癲癇(てんかん)と紫斑病(しはんびょう)

f:id:bollpengin:20180401184409j:plain

うちは共働きで子供は保育園に行かせています。主に朝の送りは妻、帰りのお迎えは自分の役目としています。先日いつものようにお迎えに行くといきなり泣き出してグズグズしている。保育園の先生の話しでは「なんだか今日1日ずっとブルーだったんですよ」

ここ数日の子供のこと

実は数日前に39.5度くらいの高熱を出して妻が病院に連れて行ったんです。

インフルエンザのピークは過ぎているがまだ可能性はある。でも熱が出てまだ数時間なのでわからない。明日もう1度受診するように言われ解熱剤だけ出してもらって帰宅。翌日は妻の都合が悪いので自分のほうで近所のかかりつけの小児科に連れて行きました。

そこで経過を説明しお腹の具合や口の中を見てもらったら「扁桃腺が少し腫れている。でも見たところインフルエンザではないと思いますよ」

高熱が出て解熱剤を飲ませたら1度熱は下がったけれども夜中にまた高熱が出たことを伝えても「まあ心配ならばインフルエンザの検査をしてもいいですけど」

先生の様子からしてもインフルエンザではなさそうなので検査は断りそのまま帰宅。その後は熱が上がることも無く元気に過ごしていました。

スポンサーリンク

保育園の帰りに足を痛がる

高熱発症して通常通り元気になって4~5日後のことでした。保育園に迎えに行くとグズグズしていきなり泣き出す。これが保育園の先生が「1日ブルーだった」と言った日です。
歩けなさそうだったので抱っこして車に乗せ帰宅。

「靴が合わないのかな」妻は言います。そして聞いてみればその日妻が保育園に連れて行くときも足を痛がり引きずって歩いていたと言う。


f:id:bollpengin:20180401184454j:plain
小さいお子さんがいるご家庭は知っている人も多いかもしれませんが電話で【#8000】にかけると『小児救急電話相談』と言うところにつながり症状を伝えると適切な対処の仕方や受診すべき病院のアドバイスを受けることができます。

妻がその【#8000】に電話して症状を伝えるとそれは紫斑病の可能性がありすぐに受診すべきとの回答。もうどこの病院も閉まっている時間なので夜間救急の病院を探して受診。さらにそこで違う病院を紹介してもらってうちらのために病院を開けてもらって受診しました。

結果はやはり紫斑病。この病気のことは詳しく書きませんが長引くものであり、場合によっては重症になるもののようです。妻は会社にとりあえずは2週間休むと伝え今現在は子供は保育園に行くことができず、妻も一緒に家の中で過ごす日々です。

保育園の帰りのぐずりは甘え等ではなく病気だったのです。

スポンサーリンク

元妻との間の長女を思い出した

今回のことで元妻との間の長女のことを思い出しました。長女は癲癇を患っていました。
f:id:bollpengin:20180401184523j:plain
www.rikon-saikon.site

最初の発作は遊園地の帰りの車の中だったんです。突然症状が起きたと思ったのですが実は子供からのSOSのサインはあったのです。
遊園地での移動中、長女は座り込み歩こうとしません。この時小学校に入るか入らないかくらいの年齢でした。「歩きたくない」と言う長女に「ちゃんと自分で歩きな」と言って手助けはしなかったのですが後から思えば単なるぐずりではなかったんです。

ただの甘えだと思っていたこの座り込みは子供が本当につらかったんです。その帰りに発作が起きました。

子供に厳しくするのも必要だがサインを見逃すと大変

今の妻との間の子供の紫斑病、元妻との間の子供の癲癇両方とも子供は親に『ぐずる』というサインを送っていたんです。親として子供を甘やかすだけではいけないと思う気持ちはある。しかし本当に「助けて!」と訴えているということもある!という話しでした。
f:id:bollpengin:20180401184545j:plain
うちの子の紫斑病は長引くし大変な病気のようです。これからまた自分たち夫婦も子供自身もツラい思いや生活になるかもしれません。今回子供のくずりを単なる甘えと考えず夜中に病院を探して連れて行きよかったと思いました。

今回うちの子は保育園での足の痛みが酷い中、1日を我慢して過ごしたようです。普通は親も病気に対して素人です。子供は唯一親に対してだけ甘えたり苦しいことを訴えてくるかもしれません。

#8000

覚えておいてください。何もなければ越したことはありません。もし「少しおかしい」と思ったら電話してアドバイスを受けてください。
実施時間帯は自治体によって違います。一般的には診療所の閉まる夜から明け方までです。「こんな些細なことで病院に連れていくのはどうなのかな」と言う場合に有効です。


スポンサーリンク