Beef or Chicken

離婚してよかった!  

うつで休職から復職後に初めて会社を休むほどの体調不良

f:id:bollpengin:20180305103035j:plain
神経の病気で休職したのが約3年前。1年近く休んで復職しました。その後なんとか2年が経過しています。休職前に比べれば仕事量は減っています。しかし復職直後は時々気遣ってもらってはいたものの最近はそういうこともめっきり減りました。

「会社が考えてくれるのなんてどうせ最初だけだ」初めからそうは思っていました。もともとそう考えていたので別に徐々に忘れ去られることは想定通りです。

ただこのところ仕事量がものすごく増えています。現在も3つ掛け持ち。まあ休職前と同じような感じです。自分の場合は他に代わってもらえる人がいないような仕事内容なので一度任せられたら自分がやるしかないんです。それで給料でも上がってくれればまだ良いのですがそういう評価は皆無と言ってよいので身体だけでなく最近は心の余裕もなくなってきました。

神経の病気で休職したが復職したあとに再度休職する人は多い

神経の病気は見た目ではわからないことがほとんどです。かと言ってもちろん骨折や癌になったほうが良いなどとは思ったことはありません。そうなった人にはそうなった苦しみや身体の不自由が付きまといますから。

しかし神経の病いは急激に良くなることはありません。統計によるとうつ病で休職した人の約半数47%が5年以内に再度休職すると言われています。そして2回目の休職期間のほうが長くなっています。

うつ病で休職した社員のうち47.1%が5年以内に再発、再休職を取っていました。また、休職期間は1回目の平均107日に対し、2回目は平均157日と1.5倍長くなっています(出典:平成二十八年度労災疾病臨床研究事業費補助金「主治医と産業医の連携に関する有効な手法の提案に関する研究」)

f:id:bollpengin:20180305103129j:plain

復職後に初めて体調不良で会社を休んだ

スポンサーリンク

自分は会社に復帰してから2年間、風邪での発熱やインフルエンザ、その他私用での休みはあったけれどもうつ病と感じることで休んだことはありませんでした。しかし冒頭に述べたように最近は業務も忙しく頭の中も混乱することが多くなっています。そんな時に先日電車を乗り継ぐ出張がありました。自分の場合一番最初に大きな症状が出たのも大荷物を持って出張に行った出先だったので悪夢が蘇ります。

www.rikon-saikon.site

とりあえず今回の出張は気の合う仲間と一緒だったため身体の疲れを除けば楽しく終わらせることが出来ました。

しかし出張が終わってから体調がすぐれません。だるさが残り脳は常に緊張状態。頭が休んでない状態が続いた感じです。出張が終わったばかりの時はまだよかったのですが3日後にとうとう身体が動かず会社を休むことになりました。

自分で調整・管理するしかない

この休みは「体調不良」としか伝えていません。仕事復帰の際に「サポートをする」と言っていた総務部の人間さえ詳しく聞いて来ようとはしません。自分は復帰して2年とはっきり覚えてるのですが周りの人間にとってはもう完全に復帰したと考えているのでしょう。まあ自分も敢えて仕事をセーブさせてくれとか体調が心配だなどと言いませんから。

神経の病気になった人は自分の体調は自分で管理するしかありません。自分が仕事復帰したころに『ストレスチェック』なるものが各企業で行われるようになったようです。うちの会社でも全員に義務化されました。でも自分は1度たりとも行ったことはありません。総務部に催促されたこともあるが「自分はやらない」と言い張りました。経緯は知っているのであまり強く勧められることもなかったです。

「サポートをする」と言った会社にも期待はしません。自分の身体は自分で守るしかない。今はこういう病気も広く知れ渡りネット上でも色々な情報があふれかえっていますが心の病をかかえた人は鵜呑みにせず自分のことは自分で守るということを考えることが一番大切だと思います。

スポンサーリンク