Beef or Chicken

離婚してよかった!  

戸籍(本籍地)を移動したい。しかしまたここで元妻の子供たちのことがネックになる

昨年に父親が亡くなり生まれ育った家は今となっては蛻の殻(もぬけのから)。自分はすでに実家から遠く離れたところに住んでいるが本籍地は実家になっている。今の妻ともだいぶ前に「本籍をこちらに移そう」と話しをしたことがある。実家に誰もいないし行くことも滅多にないのでいよいよ本籍の移動が現実的になってきました。

離婚したときに元妻は自分の籍だけ抜いて子供たちはそのままにしたので元妻との間の子供たちも自分の戸籍にまだ入ったままでいます。市役所に聞いてみたところ戸籍の移動を行うためには戸籍の筆頭者(自分)と配偶者の同意が必要とのことでした。つまり元妻との間の子供たちの同意無しにできると言うことです。

f:id:bollpengin:20180525090053j:plain

元妻は自ら白状したように【離婚しても嫌がらせをするためにわざわざ子供たちの戸籍を残した人間】です。そしてその思惑通りにこちらの再婚を知り、新しい子供ができたことを知り、それをネタに脅しをしてきました。最終的には度が過ぎ警察に逮捕されるはめになったのですが【境界性人格障害】の元妻は今後も何を仕出かすかわかりません。絶対に今の住所も知られてはならないのです。

元妻との間の子供の戸籍はどうなるか

自分と配偶者の同意があれば戸籍の移動はできる。ただその場合、元妻との間の子供たちの戸籍も同時に新しい住所に移ります。これは困りました。元妻が逮捕されたときに警察や市役所に聞いて戸籍謄本の類(たぐい)は自分と今の妻しか取得できないように対応はしてあります。

しかしせっかく色々と手を回して住所や今の生活状況が知られないようにしたのに、子供の戸籍がこちらにあることによってまた情報を抜き取られてはせっかくの苦労が水の泡です。

元妻との間の子供たちを切り捨てるわけではないが本籍地は一緒にしたくない。いやむしろ本当ならばつながっていたいからこのままでいたい。それが本音です。あの元妻のせいで子供たちとの人間関係すら希薄になってしまっています。

スポンサーリンク

戸籍謄本が必要な場合はどういう時か

「もし本籍を移したことを子供たちに教えなかった場合どうなりますか?」バカな質問とは自覚しつつも市役所の人に聞いてみました。

「本籍地がわからないと戸籍謄本など取得することは出来ないですね」
電話対応してくれた人は優しく教えてくれました。
「本籍地が載っている住民票からさかのぼって探っていく方法はあります」
「お金がかかったり面倒だったりなのでお子さんには新しい住所をお教えしたほうが良いと思いますよ」

当然わかってはいるんですが、それが出来なくて困っている。

「戸籍謄本が必要なのはどういう場合ですか?」

「結婚すると自動的に今の戸籍から抜けるのですが婚姻届けに本籍地を書く欄があるので必要です」

長女はわからいが二女は前に結婚をにおわす話題をしてきたことがある。いや、知らないだけで長女だっていつ結婚するかわからないし例え遠い先だとしても結婚となれば届出を出すのに本籍地を知る必要がある。そもそも自分の本籍地を知らないこと自体が異常だ。どうしたら良いんだろう・・・

「結婚以外にも戸籍謄本が必要なのはどういう時ですか?」
パスポートを取るときや、看護師等の免許を取るときにも必要な職業があるということでした。

f:id:bollpengin:20180525090121j:plain

子供たちの戸籍をどうしたら良いか

スポンサーリンク

いずれにしろ『子供たちに内緒で本籍を移す』と言う選択肢はない。かと言って今の住所を教えることも出来ない。20歳のお祝いも就職のお祝いも住所が知られてはまずいから送金にしたくらいだから。

www.rikon-saikon.site

離婚して母親が親権を持って一緒に住む場合は子供の本籍地も自分と一緒に移すのが一般的ではないのでしょうか。まあ元妻の場合はこちらへの嫌がらせを前提にわざと子供の戸籍を残したのですが。

離婚した場合、女性は新しく自分が筆頭となる戸籍を作ります。子供もそこに入れるには家庭裁判所の介入が必要です。またそうすることによって子供の苗字が変わるデメリットがあります。もし子供が嫌がるならば『それをしない』ということも有りだとは思うのですが元妻は遠く離れたところに引っ越し、伴って子供も学校が変わったので苗字うんぬんは特に重大な問題でもなかったと思います。

やはり元妻が最近してきた嫌がらせや逮捕されたことは言わずに再度【分籍】のお願いをするしかないのであろうか。

www.rikon-saikon.site

2人とも20歳を過ぎ、就職もした。今後は何かと自分の戸籍・本籍地を書類等に記載する場面も出てくるかと思う。取り寄せるにも近場のほうが良いのは自分自身も経験済み。遠いと電話で説明したり郵送の手間もかかる。

本来なら今の妻と意見が一致すればすぐに実行できることなのに今でも元妻の亡霊とも言える存在が邪魔をしている。