Beef or Chicken

離婚してよかった!  

孫と言っても良いくらい子供の子育てが大変なのかわからない。これから先に夫婦ケンカがあるかもわからない

再婚し授かった今の子供。かわいくて仕方がありません。もちろん生活をする中で子供に対してイライラすることもあります。言うことを聞かないし家で何かやらなければやらなければならないときでも平気で話しかけてきて集中できない。妻との会話中にも割って入ってきて真面目な話しが出来ないことも多々ある。それでも家の中に小さな子供がいることは楽しいです。保育園で色々なことを覚えてきては家の中でしゃべりまくる。大人と違って思ったことをすぐに口に出したりするのはやっぱり小さい子の特徴だと思います。

今の妻とも仲良くやっています。お互いに仕事ではストレス満載なのですがそのはけ口を家の中で行うことは2人ともしないんです。妻はともかく、自分が家で和やかに過ごせるなんて1回目の結婚からは想像も出来なかった。家の中では1日に最低でも1回は笑っているのではないでしょうか。

f:id:bollpengin:20180604113435j:plain

子育ての大変さがわからない

1回目の結婚の時には長女、次女と授かりました。思い起こせば二女がまだ1歳にもならないくらいに元妻の神経の病気がわかり、その病気は治るどころか年々酷くなり、そのうちに開き直るようになりました。

家の中で暴れたり、子供を虐待したり、意味もなく喧嘩を仕掛けてきては騒ぎを起こす。隣近所のドアをたたき玄関口で2時間も3時間も文句を言っていたと後からその家の人に聞いたときには鳥肌が立ちました。
結婚したときに【子供には夫婦喧嘩を見せない】と自分の中で決めていたのですが我慢に我慢を重ねた結果、自分自身がうつ病になり「もうこれ以上我慢を重ねたら自分が死ぬ」「頭がおかしくなる」と思うようになり、子供の前だろうがなんだろうがお構いなしに喧嘩を仕掛けられたらやり返す、こんな毎日でした。

たぶん平和に暮らしている人たちには想像ができない家庭です。

こんな状態だったので子育てに関してもほとんど覚えていないのです。
小さい時には元妻抜きで公園などによく遊びに行った。遠足のお弁当を自分が作った。保育園の卒園式は長女・次女ともに涙が止まらなかった。
あとは思い出そうとしても元妻が子供を虐待しているシーンとかいつも子供が家の中で泣いているシーンとかばかり。

現在、かわいいと感じている今の子供もそのうち反抗期も来るかもしれない。なんでうちは狭いアパートなんだと責められるかもしれない。もっと言えばなんで父親は年寄りなんだと言われるかも知れない。

元妻との間の長女は「てんかん」を患っていました。

www.rikon-saikon.site

この時も初めての出来事なので戸惑ったけれども若さゆえ、あちこち手を回して病院も探しまくりなんとか大事にならずに済んだんです。

世の中の病気って知らないものが数多くあります。現在の子供は紫斑病にかかっています。この病気も子供がなって初めて知った名前です。足を痛がっていたのですが自分は「一時的なものだろう」と大して気にしなかったのですが妻が足にある小さなブツブツに異変を感じすぐに病院に連れていったのがよかったのだと思います。ほおっておいたら腎機能が低下など重症化する病気のようです。

実際には途中まででしかないのですが1度子育てを経験しているはずの自分。それなのに「もし子供が病気になったら」などと要らぬことを考えてしまい、これから先の子育てに自信が持てないでいます。

スポンサーリンク

夫婦仲が壊れることがあるかもしれない不安

今現在、妻とは「結ばれるべくして結ばれた」のではないかと思うくらい相性が良いです。喧嘩が全然ありません。結婚前に義父に「1度ちゃんとケンカしてみたい」と相談したほどです。
もちろん喧嘩が好きなわけじゃなくて相手が本気で怒った時にどんな風になるのかという心配もあったし、喧嘩したことがないというのはお互いに相手のことを全部わかってないんじゃないかと心配だったのです。

結婚後も大きな喧嘩もなく、たぶん今後も仲良くやっていくだろうとは思っています。しかし所詮は他人。いつどうやって関係が崩れてもおかしくはないと心のどこかに不安があるんです。

こちらも要らぬ心配をわざわざしてるのは百も承知。これも元妻のトラウマなのかと思ってしまいます。

f:id:bollpengin:20180604113534j:plain

せめて家庭内は楽しくやろうと思う

なんだかんだ言っても今は家庭内が楽しいです。再婚して結構な年月が経つのですがそれでも夫婦ケンカなくやっています。1回目の結婚の時に【子供には夫婦喧嘩を見せない】と自分の中で決めたと書きましたが、今決めていることは【子供には本を読んであげる】です。子供を怒った後でも、もし「本を読んで」と言われたら絵本を読むようにしています。絵本が大好きなんです。もう少し小さいうちは寝る前に必ず本を読んであげていました。

f:id:bollpengin:20180604113601j:plain

自分の年齢を考えると「孫」と言っても過言ではないくらいの歳の離れた子供。夫婦仲が良ければ必ず良い方向へ育っていってくれると信じています。
妻は「小さい頃は親に迷惑ばかりかけていた」と時々言いますが今はその分、とても気を遣って親孝行をしている。

もう1回目の結婚生活は頭からすべて排除したい。まだ先の長い子育ても夫婦生活も笑って過ごせば時々考えてしまう【要らぬ心配】も不要になると信じています。