Beef or Chicken

離婚してよかった!  

離婚してよかった!再婚できなければ生きる意味がわからず命を絶っていたと思う

本音で言うと今でも時々「死んだら楽になるかな」って思うんです。やはり病気ですね。神経の病気って本当になかなか治らない。

身体が思うようにならない。朝起きるのがツライ。布団から出たくない。楽しめてたことが楽しくない。
若くてまだ病気発症する前にはなかったことです。こんな症状が不定期に出ていつまでたっても無くならない。本当に辛いです。

f:id:bollpengin:20180626140852j:plain

原因の根本はやはり1回目の結婚生活

f:id:bollpengin:20180626140933j:plain
もう二十数年前、1回目の結婚をした。当時は幸せな気分いっぱいで当然のことながら後に離婚するなどと思いもしなかった。離婚どころか夫婦ケンカをするシーンすら思い浮かべたことなんてなかった。今思えば滑稽(こっけい)でしかない。その時に結婚した相手は、いくら【境界性人格障害】という神経の病気であっても、自分の子供を虐待し、自分の配偶者をとことん叩きのめす。その正体は悪魔そのものだった。

自分の子供と配偶者だけでなく、1度ターゲットとして選んだらお構いなし。兄弟姉妹にも嫌がらせ。集合住宅のまったく関係のない家族にまで嫌がらせ。

本当に疲れ果てた。

自分が実際に体調不良で休職をしたのは離婚も成立して今の妻と再婚した後の話しではあるがこの1回目の結婚生活でメンタルをやられたのが一番大きな原因だと思っている。そして1度おかしくなった身体は元に戻ることはなく今でも騙しだましの生活。

会社でのストレスがとどめを刺した

スポンサーリンク

何回か転職をした中で今の会社が一番【性に合わない】。仕事内容は過去にしてきたことを生かせるので転職。正確に言えば、当時初めて派遣会社に登録していて『正社員としての採用を募集してる会社がある』いいと思いますよ。と言われて入社。
決してブラックでは無いと思うが給料安いし、社内の雰囲気が良くない。

「正社員としてだが会社の決まり上3ヵ月だけ試用期間としてくれ」

3ヵ月後に自分から断りました。「ここダメだわ」「もう少し派遣社員のままで」これが3ヵ月ごとに3回。その間派遣会社には「他探して」常に言ってたのですが本気で探してくれたかどうか微妙。結局年齢も考えて仕方なく正社員に。

でも予感は的中。「嫌だ嫌だ」と思う毎日が続くのは相当ストレス。そしてこの頃はまだ離婚をする前。会社はストレス、家に帰ればストレス。元妻の暴挙が続き土日は家に居られない状態。そして元妻のかかりつけの医師から「今度はあなた自身が受診しなさい」と言われてしまった。

www.rikon-saikon.site

再婚した今の妻に感謝

f:id:bollpengin:20180626141022j:plain
今まで生きてきて必ず心の支えになってくれた人がいた。

新卒で入った会社の専務だった人。独立して会社を興した時に誘ってくれて数年間一緒に仕事をした。自分の結婚と同時にその会社を辞めてしまい、悪い言い方をすれば裏切ったような形。それでもその後も何回か挨拶がてら会社を訪問した。
自分の母親が癌の闘病生活の末に亡くなった数か月後にこの人も亡くなった。自分の会社に朝一番に出勤して倒れたと聞く。後から出社してきた人に発見され病院に運ばれたがそのまま帰らぬ人となってしまった。

同期入社で会社を離れても唯一何でも相談・話しが出来たS君。荒れた家庭も唯一知っていて事あるたびに頼っていた。元妻の荒れている様子を初めて見た時の彼の表情は忘れられない。きっと彼も人間のあんな様子なんて見たことがなかったんだと思う。その彼は数年前事故で亡くなってしまった。

小さい頃から家の中心であり尊敬もしていた母親。さらにこの2人がほぼ同じ時期に居なくなり心は余計に荒み【生きていく意味がわからない】でいた。

スポンサーリンク

年齢を考えても再婚など考えもしなかった。さらには自暴自棄になっていた時に今の妻と知り合い再婚することができた。不妊治療の末に新しく子供も授かった。
今はこの生活が一番のものとしか考えない。

昔は家庭より仕事!徹夜続き!そんな時代も経験してきたが今の体調と気力では到底無理。やれと言われても断る。それが今の自分を守る唯一の方法だから。

子供が産まれてすぐに「しばらく会社を休みたい」と言うと何も言わずに「いいよ」と言ってくれた妻。今はなんとか会社に復帰できているが体調はすぐれない。ちょっとしたことで疲れ、横になりたいと思う日が多くなってきた。

たぶん再婚せずに今ひとりで生きていたらこの葛藤に耐え切れず、自ら命を絶っていたのではないかと思う日々が続いている。それでも今日も生きていることに感謝。家族になってくれた妻と子に感謝。



初めてここを訪れてくれた方、何度も訪れてくれている方、ぜひカテゴリーの「元妻の逮捕」をご覧になって行ってください。