Beef or Chicken

離婚してよかった!  

社員同士の裁判を知っている社員がいた

f:id:bollpengin:20181010134941j:plain
神経の病気で休職し、その後復職を果たした。そろそろ3年。神経の病気での休職からの復帰は気分的にも嫌なもので【とにかく開き直る】という気持ちで会社内に向かうしかなかった。その後、特に病気のことに触れる人間は居なくて、自分自身も【他人の目を気にしない】と決め普通にふるまうようにした。

しばらくはそれまでに多くあった出張も行かなくて済む環境が続いたのだが、どうしても自分でなければいけない出張が発生し1週間の泊りがけで行くことになった。
その時に起きたあの事件。

www.rikon-saikon.site

自分としては会社へ報告すれば『こんなことが許されるはずはない』『何らかの処分をしてくれるはず』と信じ出張から戻ってすぐに上長に報告。しかし結局は『何もなかった』ことにされ、もうこの会社には頼らないとの思いで自ら弁護士に頼み、裁判(ADR)を行い相手に慰謝料を払わせることが出来た。

スポンサーリンク

社内で裁判を知っている人間はいないはず

裁判(ADR)の結果が出た時に書類には「どうしても必要な場合を除きこの件を他言しないこと」との1文があった。この時の気持ちはとても複雑で文章に表わすことが出来ない。公にして「あいつはこんなことをした」「無神経に他人の病気を罵ったら代償を負う」そういうことを周りに知らしめたい気持ちもあった。

これまでも自らこのことを誰にも言ったことは無いし、揉み消されたこともあり報告した後に集まった人間以外は誰も知らないはず。そう思っていた。そしてそれを疑わなかった。

つい最近の出張で衝撃の事実が発覚

あまり悪口を言いたくもないが、うつ病を罵った人間は年下には威張り役職が上の人間には媚び諂う(こびへつらう)
それでいて仕事は自分の出来ることしかせずにわからないことは他人のせいにして自分から何かをするようなことがない。なので社内にも嫌う人間が多い。

自分は休職から復帰した後には前とは違う部署の人間と一緒に仕事をすることが多くなった。休職前には顔も知らなかったような同僚と一緒に仕事をするようになりそれなりに親密にもなった。その同僚と先日数日間宿泊を伴う出張に行ったのだがそこで衝撃の事実を知った。

身体を壊す前は出張に行ったら必ずその地で酒を飲んでいた。知らない土地でお酒を飲むことは気分が良く1人でも居酒屋に行っていた。しかし今は身体が酒を受け付けず、飲むと翌日にひびくため休みの前しか飲むことはしない。

その時の出張が無事に終わり、宿泊して翌日は帰るだけと言うことになったので珍しく一緒に行った同僚と2人で飲みに出かけた。実はこの同僚も自分が裁判を起こした人間をとても嫌っていた。具体的に何があったのかは聞いたことがない。が自分のように酷いことではないことは何となくわかっていた。

2人とも酔うにつれ砕けた話しをし出すのだがそこで驚愕の事実を知る。

この人間は自分がうつ病を罵った同僚に対して裁判をしたことを知っていた。

こんなことがあって良いのか

会社の中でこのことを知っている人間がいるなんて思いもしなかった。まして管理職でもない一般社員である従業員が。

誰に聞いたのかは言わなかった。当然「誰にも言うなよ」と言われて聞いた話しだろうから自分も突っ込んで聞くことはしなかった。そんなのどうでもいいから。しかし訴えられた本人が言うわけないし(自分が負けて慰謝料を払っている)お互いに仲が良いわけでないので当事者から聞くわけはない。となると知っているのは当時話しをした管理職4人のうちの誰か。

www.rikon-saikon.site

www.rikon-saikon.site

この同僚とはその後も一緒に仕事をすることが多いがこの時以降にこの話題をしたことはない。そして会社を辞めることも伝えてはいない。

そのうちに退職することは公になる。その時には当然彼の耳にも入る。向こうから話しかけてきたら『あのことを誰から聞いたのか』を突っ込んで聞いてみようかとも思う。嫌な思いをたくさんしたここ数年間。【退職は穏便に】と考えていたが、管理職がベラベラしゃべった事実を知ったからにはもしかしたら最後に反乱を起こすかもしれない。

だってこんなことがあって良いわけがない。ふざけるにもほどがある。

同じ目に合った貴殿へ

このブログを読んでメッセージをくれた貴殿。同じような被害にあって連絡をくれたのに役に立てなくて申しわけございません。その後どうでしょうか。

他にも似たようなイヤな目にあった人もいるはず。心を壊され弄ばれて誰かを傷つけた本人は何の処分も無し。見返したい気持ちは痛いほどよくわかる。


コメント欄を一時的に開けます

f:id:bollpengin:20181010140851j:plain
過去の記事を読んでコメント欄に傷つくようなメッセージを入れられた過去があり現在コメント欄を閉じています。しかし退職にあたり

  • うつ病を罵られたにもかかわらず加害者に対しての処分がなく蔑ろ(ないがしろ)にされた事を現在の上長に話す
  • 自分が我慢をして波風立てずに辞めるときは穏便に済ます

どちらが良いでしょうか。
一時的にコメント欄を開けます。どうやら勘違いをしていたようで「はてなブログ」以外の人もコメント出来るようなので意見をいただけますでしょうか。
公開はしません。公開しないので返信も出来ません。匿名で構いませんので個人的な意見をいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。